FC2ブログ

映画『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』感想

映画はいくらでも見てるのに、感想書きたいのに、書くのが追いつかない篠雨です。
映画感想以外にも書きたいことはたーくさんある!
でも上手く書けない!なかなか完成しない!
好き勝手書いてるけど、毎回足りない頭を必死にフル回転して記事書いてます。
もっと効率よく、早く、読み易くて面白い記事が書けないだろうか…
誰か教えて欲しいです;;

あと、最近オタクであることに開き直ってます。
ファミマで三ツ矢サイダーのまどか☆マギカコラボ缶を見つけたので何のためらいもなく購入。
マミさん缶を見つめてにやにやですw
なんて可愛いんだ…///
○年前、DFFのポーション缶見つけて、どきどきしながら恐る恐るジタン/クジャ缶を購入、ばれないようにこそこそしていた頃が懐かしい…。


-


いつもコメントと拍手ありがとうございます!
どれも嬉しくて大切に読ませていただいてます。
拍手コメントのお返事をこちらで書かせてもらいます↓
反転してくださいm(__)m

hukuyaさん
拍手コメントいつもありがとうございますm(__)m ウォレス&グルミット知ってます! が、見たことはないです>< いつも見たい見たいとは思っているのですがなかなか見れてなくて…orz hukuyaさんがオススメしてくれたということは、きっと可愛くて面白いはず! 今度見ますね!
GTAのスコール記事とレオン記事見ました! 2人ともイケメンでわくわくです^^ スコールのもてっぷりとデートのこぎ付け方が笑えました。これからも楽しみです^^
リサガス可愛いですよね^^ 共感いただけると嬉しいです。紹介動画だけでも可愛いです。動画があること、もっと沢山の人に知って欲しいです。ありがとうございました♪


アイパッチさん
拍手コメントありがとうございますm(__)m 戦いは結局決着が付かなかったのですね… 残念です>< マイナー好き分かっていただけて嬉しいです。狙ってマイナー嗜好ではないのですが、いつの間にか…って感じです; マイナー嗜好分かってくれる方がいたら、勢い余ってマシンガントークしそうですww ありがとうございました!

-


私は典型的な「おしゃれじゃない女子」なのでクローゼットの中身はがっかりなことになってますorz
合わせ易いから、スタンダードだから、ってことで主にボトムスとかアウターが黒ばっかりです…

ということで、黒い服好きな方、黒い服ばかりになってしまう方に贈る映画、『ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館』の感想です!!
ごめんなさい、黒い服好きな方、黒い服ばかりになってしまう方に贈る、というのは嘘です。
タイトルとかけてみただけです。
我ながら文章打ってて何が面白いと思ったのか分かりません。←

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [Blu-ray]ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館 [Blu-ray]
(2013/06/04)
ダニエル・ラドクリフ、キーラン・ハインズ 他

商品詳細を見る


ラドクリフ(呼び捨てだと言い易いです)主演のホラー映画ですね!
どうでもいいですが、上の画像おじさんっぽすぎて誰?って風になってますね(笑

いつものように普通にネタバレしてます。
オチも書いてます
そして異様に長いです^^;
今後見る予定の方はご注意ください↓↓↓










ラドクリフ主演ってことで、正直期待はしてませんでした
ラドクリフに期待をしていない、という訳ではなくて、一世風靡した元子役のネームバリューに頼った映画かな?と思ったんです。
が、見てみると思っていたよりもしっかりした作りのホラー映画でした。
見ている側からすると嬉しい誤算です。


95分と短い映画だったらしい…
でも全然そんな風に感じなかったです。
見終った直後は普通に2時間くらいの映画だったかな、って感じてました。
ただ改めて考えると、確かに内容とか展開からすると95分くらいが妥当だろうな、と思います。

ホラー映画にありがちですが、ストーリーに必要無いかな?と思われるようなシーンが幾つかあった気がします。
ですが、この映画に関してはその一見無駄なシーンのお陰で背景や場所の雰囲気が感じられて、怖さというか不気味さが増したと思います。
やたら脈絡も意味もなく何度も映る猿の置物とか。


怖さは普通~あんまり怖くないくらいのレベルでしょうか。
だって私が鑑賞出来たんだもの(笑
びびる様子を動画に撮ったらニコ動に挙げられる程度と言われた私のびびりっぷりは伊達じゃないよ☆笑
映画見ながらびっくりした拍子に熱いコーヒー自分にこぼしたり、ホラーゲームしながら変な悲鳴を上げてコントローラー手放したり…←
そういう酷さなので。

ただ雰囲気はじんわり怖いです。
「え?何?何が起こるの?怖い人出るんじゃないの?なんでそんなところに行くの?」みたいな。

怖い人や人影が映るシーンでは、その直前にフラグというかBGMというかSEというか、そういう配慮?盛り上げ?みたいなのがあるので心構えが出来ました
これが音も無く怖い人が後ろに立ってた、とかだったら見れてないです。


亡霊自身の見た目はあんまり怖くなかったです
綺麗というか生身の人間ぽいっていうか…
CG処理はされているけど、綺麗な人でした。
CG処理じゃなくて特殊メイク施しちゃった方が怖くなるんじゃないかと思います。
が、手間と時間がかかる上、派手に表情を動かせないのでCGを採用したんだろうね。

特に亡霊ジャネットは怖い顔もするんだけど、アップになった時とかは普通に綺麗なお姉さんでした。
突然動き出すイスに座ってるとか後ろに立ってるとか横で歩いてるとか、そういうシーンはぞわぞわしたし、「何するんだ?何で出てくるんだ?怖いから出てこないでよ><」と思ったりもしたけど、基本は大きな声で叫んでるだけでした。
特に襲ってくる訳でもなく、突然現れていきなり叫ぶ

精神を病んでしまっていたようだし、子供が殺された(と思ってる)し、叫ぶような気持ちも分からなくもないけど、見ている側としてはびっくりします。
いつの間にかいる、ゆっくり近づいてくる、っていう演出は怖いし不気味だったけど、実際の接触は叫ぶだけでちょっと拍子抜け?
怖いし出て来て欲しくなかったのに、出てきたら出てきたで思ったより怖くなくて拍子抜け、なんて失礼な感想ですね;


衣装や小物、建物の感じは古いロンドンっぽくて素敵でした
おしゃれで上品で、黒い物が多かったけど上質な感じがしました。
アーサーの服が好き
シャツとベストとジャケットとコート、細身だけど品のあるスラックス、シンプルだけど深みのある鞄、いい!!
懐中時計もおしゃれでした。
3姉妹が自殺した屋根裏部屋も、サムの家も、町の様子も、イールマーシュの館でさえも、古くて埃っぽくてじめじめした雰囲気だけど、置いてあるものはおしゃれだったと思います。

アーサーは一応は上流階級?なのかな、お金に余裕がある見た目です。
実際はどうなのか分かりませんが;
当時はお金なくても上流なら上流らしい身支度をしなくてはいけなかったのかな?


それにしても、イールマーシュの館はどうしてあんな場所にわざわざ立てたのか…
モンサンミッシェル的な感じ?
要塞や城でもないのに、定期的に道が水に沈む沼地に住むなんて不便だろうに…
不便過ぎて、映画の舞台としてはいいけど、家としては機能不全なんじゃないかと思った^^;


ラドクリフは身体張るなぁ、と感心しました。
いくら役の上の演技とはいえ、いくら本物の沼ではないとはいえ、私だったらあんな茶色のべちゃべちゃずるずるの中に入りたくないよ…
しかも入るだけじゃなくて沈まないといけない…
演技のためとは言え、想像するだけで嫌でした;

それにしても、ラドクリフももうお父さん役をする年か…
ハリポタの時あんなに小さくて可愛かったのに、もう立派なおじさん。
ただし声は未だに可愛い。
パリポタ見てラドクリフは小柄だと思ってたけど、スタイルはとってもいいね!
足長くて、顔と肩幅と腰と脚のバランスが凄くかっこいい!
見直しちゃいました。
最後のシーンで奥さん並んだ時、ほぼ一緒の身長でやっぱり小柄なことは小柄なんだな、って思ったけど。


一応複線とか謎とかは一通り消化、解明してから終わったかな?
・何故アーサーは村人達に露骨に避けられるのか→亡霊を見たから
・子供達が死ぬのは何故→子供を殺された?亡霊の仕業
・なんで子供達は自殺するのか→亡霊がそう導いてるから
・なんで亡霊は村人を呪うのか→子供を亡くした恨みから

であってますか?
あと、呪いサイクルは、亡霊を見た→見た人と村の子供が接触した→子供のもとに亡霊が現れて殺す、であってますか?
呪いサイクルが発動するのは村の中にいる子供だけなんでしたっけ?
でも呪い媒体になるには、他所から来たとしても亡霊を見るだけで誰でもなりうる、ってこと?
なんでアーサーは村に着いて、何もする前から村人に避けられてたんだろう?
一応複線や謎は大まかに回収したけど、細かい部分が曖昧な感じです^^;


アーサー、館中うろうろし過ぎw
最初は広い館だなーと思って見てたけど、アーサーがうろうろしすぎて、超絶方向音痴な私も何となく間取りを覚えてしまいました(笑
いくら仕事上とはいえ、あんな家には行きたくないです…
アーサーは逃げたくても仕事で逃げられないなんて、恐ろしすぎるやろ!?って思いました。

アーサーは館探検中にいろんなアイテムをいろんな場所に置きっぱにし過ぎ
斧ゲットしたと思ったら使ってすぐどっかに置いたし、ろうそくは持っていっても何故か置きっぱにして別のを調達してるし…
何故折角手に入れたアイテムをすぐどこかへぽいしてしまうのか分かりません;


ところで、ナサニエルって何年前に死んだ設定でした?
いくら泥沼に沈んでたとはいえ、死体が綺麗過ぎませんか?
沼でずっといたら、死体はあんなくらい綺麗なんでしょうか?
途中からずっと気になりました。


私だけかもしれないんですが、登場するおじさんキャラ達がみんな同じに見えて区別がつきませんでしたorz
似てないですか?
そう思うの私だけ?
大事な登場人物のサムですら、途中まで見分けがつきませんでした^^;


黒服の女の人の亡霊の正体が分かったあと、「子供と引き合わせればいいんだ!」って結論に達したアーサー。
ぶっちゃけ、次の展開読めました^^;
ハリウッド版映画『リング』と一緒ですよね;
この映画も『リング』も、結局呪いの原因を苦労して見つけて霊と引き合わせて、一時は呪い(?)が収まったと見せかけて安心させて、実は呪いは続いてる、みたいな。
あまりにも想像通りでラストが全然びっくりしなかったです^^;
やっぱりな、みたいな;


全体の感想としてまとめると、思ってたよりも怖いホラー映画だったこと。
ラストが読めてしまったこと。
複線回収しているようで、考えれば考えるほど?ってなること。
服装や小物がおしゃれだったこと。
ラドクリフの沼探索
こんな感じでしょうか?笑
関連記事
スポンサーサイト



テーマ : 映画感想 - ジャンル : 映画

Comments

篠雨さん、こんにちは!

偶然!一緒!今日これをレンタルしてきた所です!
一週間以内に観るけど(だからネタバレ読みませんでした)
私は手が遅いので感想はかなり後になるかも(;´o`)
ほんと、早くて読み易くて面白い記事の書き方、
私も教えてほしい~~!!
篠雨さんの記事から面白さは充分伝わってきてますよ★
大丈夫です(^_^)

私も若い頃は黒い服をよく着てました。
一応それがおしゃれだと思ってたんですけどね(^▽^;)
今は年齢的に明るいものを着なくちゃって思ってます(≧ε≦)
きっと年齢と色の明度は反比例するんだ~ やだな~(^^;

では「ウーマン・イン・ブラック」を観たら、またお邪魔しま~す☆

こんばんはv

こんばんはv
こんな時間にお邪魔します~´ω`)

ラドクリフってあのハリー君も、もう随分大人になっちゃったんですねw
アイテム放置はサバイバル要素がある作品だとタブーだ(゚Д゚;)

ホラー作品としてしっかりホラーしているけど
細かいところで気になる点がある、という事でしょうかw
レビューが的確で、はっきり書かれてて参考になります(`・ω・´)ゝ


Re: 篠雨さん、こんにちは!

>YANさん

こんばんは!
訪問&コメントありがとうございますm(__)m

> 偶然!一緒!今日これをレンタルしてきた所です!
すごい偶然ですね><
びっくりです!!
堂々とネタバレしてるので、先は読まなくて良かったです(;´ω`)

本当に、誰か読みやすくて面白い記事の書き方教えてくれないですかね?
講座とかやってる人がいたら飛びついちゃいそうです。(笑
私の記事を褒めていただいて嬉しいです///
面白さというかむしろ必死さみたいなのが滲み出てると思うんですが、これからも宜しくお願いしますm(__)m

YANさんも黒い服着られてたんですね!
黒い服って、おしゃれか地味かのどっちかになってしまう気がします…;
私は地味でダサい方ですが…
明るい色、最近は意識して着てます。
あまりにもクローゼットの中身が黒、白、ベージュ、茶色ばかりだったので^^;
色と年齢って関係があるんですかね…困っちゃいますね;

> では「ウーマン・イン・ブラック」を観たら、またお邪魔しま~す☆
はい、また鑑賞後、是非遊びに来て下さい!
お待ちしてます!
ありがとうございました^^

Re: こんばんはv

>hukuyaさん

こんばんは!
訪問&コメントありがとうございます!
なんか自分のブログにずっと張り付いてるみたいな速度でのお返事ですが、そんなことはないですよ;
たまたま、PCに向かってる時間帯がかぶったみたいです><
…私はどういう心配してるんでしょうね;

やっぱりどうしてもラドクリフ=ハリーのイメージってありますよね。
私も実際そうですし、だから大人のイメージに違和感覚えちゃいました(´А`;
この映画とハリポタ以外で、ラドクリフの出ている映画を見たことがないっていうのもありますが…

アイテム放置はまさにタブーですよね><
館に亡霊がいて、気配がして、っていう状況で武器を置いていってはいけないと思うんです><

> レビューが的確で、はっきり書かれてて参考になります(`・ω・´)ゝ
うわああ、嬉しいです><
自分の記事長いし、何が言いたいのかよく分からないんじゃないか心配でした…!
そう思っていただけるなんて、感涙です><
ありがとうございました!!

今後観るかもしれないので…

こんばんは^^

「ダニエル・ラドクリフ」ではなく、ただ「ラドクリフ」とだけ呼ぶと、
じんわりと面白いのはなぜでしょう…(笑)
毎回、篠雨さんのネーミングにウケるんですよ~。
いまだにボンディーを思い出すと、ニヤリとしてしまいますもん。

…って、本当に見事なまでのオッサンでビックリ!
成長したなぁと思ったけど、成長し過ぎ感バリバリですね。
ハリポタのイメージからの脱却は大変だろうけど、
演技に対する情熱はありそうなので、是非とも頑張ってほしいですね。

実はこの映画、観てみたいと思っている作品なので、
篠雨さんのレビューは、さらりと読ませてもらいました( ノдヾ)スミマセン。
雰囲気を楽しめる映画のようですし、
19世紀のロンドンという時代背景も興味をそそられます!!

Re: 今後観るかもしれないので…

>ベネディクトさん

こんばんは!
コメントありがとうございます!

なんだか面白いですよね、「ラドクリフ」呼び(笑
声に出すと更にいい感じなのです^^
ネーミングにウケていただけて嬉しいです><
いつも愛情と愛着を持って呼んでるネーミングですが、人と話してて例えば「ラドクリフ」とか言っても通じないんです…
そんなときは布教してみたりするんですけどね^^
ボンディー呼び、良かったらやってみてください!笑

ラドクリフの成長にびっくりしましたよね!
ラドクリフってどうしてもハリポタイメージがあって、そのハリポタはどうしても1~3作目くらいの頃のイメージが強くて…
しみじみしちゃいました。
ファミリー向けファンタジー映画の若手俳優路線からの脱却みたいなのは目指してそうですよね。
ラドクリフはハリポタ以降は、イメージ変更に向けて積極的に挑戦作に臨んでる印象がなんとなくあります。

この映画を見る予定があれば、私のネタバレしまくり感想はおいておいて、是非映画を楽しんでください><
なんだかんだで着眼点とか感想とか、傾向や評価が似てくるものですが、でも基本的にやっぱり映画を見て感じることはその時々、人々によっていろいろあるはずなんです。
さらりとでも読んでいただけて本当に光栄です。
雰囲気はいかにもお化けが出てくるタイプのホラー映画って感じです。
個人的には、小物とか服装とか空気感とか、今で言うアンティークでシックでクラシカルな雰囲気を楽しんでもらえたらと思います。
もし良かったらですが、この映画を見た後にもう一度読んでいただけたら感想を共有できるのではないかと思います。
そうできたら、私自身がとても嬉しいです^^

ありがとうございました!

No title

いや~ちゃんと面白く書けてると思いますよ、私なんかと比べるのもなんですが、私なんかちょ~~簡単で最近は要点も抑えてないと、言われます(笑)

ハリー君もお父さん役ですね、私はどーしても子供にしか見えなくて、不自然な感じが最後まで残っちゃいましたけど(ちっこいし)
でも、こんな時代のゴシックホラーはあっていたと思います。
作品自体も綺麗な映画だと思いました。

Re: No title

>シャロンさん

こんばんは!
コメントありがとうございます!

面白く書けてると言ってもらえて嬉しいです(;∀;*)
シャロンさんの文章は簡潔で読みやすくて分かりやすいと思います。
私も簡潔に書けるよう、見習わないといけないですね。
要点もきちんと抑えられてると思いますよ。

私もラドクリフは少年のイメージが強すぎて、「息子が1人います。」みたいな台詞の時、毎回「そういえばそうだった…!」と思いました(笑
ちっこいし。
いろいろ飛び越して突然のお父さん役にびっくりしました。
クラシックなロンドン似合いますね。
小物とか衣装とかがつぼでつぼでたまらなかったです。

ありがとうございました!

篠雨さん、こんにちは!

映画を観たので、再びお邪魔します!
箇条書きにしてある謎解明の所、全部納得です★
呪いサイクルは、「女を見ると、その人の周辺で子供が死ぬ」と
それくらいの説明でしたよ。
村人しか亡霊を見てないから、村の子供達ばかりが死んだんでしょうか。

多分、村の弁護士によって、アーサーがあの館に来ると
前もって村人に知らされていたせいで、避けられてたんじゃないかと。

そう言えば、斧とろうそくは途中で置いてましたね(≧ε≦)
ナサニエルは何十年も前に死んだって言ってました。
あの遺体は変よね~(≧▽≦)
そうそう、ラストの展開は「リング」と同じ!
ラストの展開が読めたし、怖さはイマイチでしたね。

やっと篠雨さんのネタバレ部分を読めて、楽しかったです☆

Re: 篠雨さん、こんにちは!

>YANさん

コメントありがとうございます!
再び来ていただけて感激です><
TBもありがとうございました^^

謎解明部分、あんな感じであっていたようで良かったです^^
個人的にいまいちしっくり来ていないと言うか…全ての謎が解明されるはずだし一応筋は通ってるけど、飲み込みきれてなくて…;
なんだかあっさりした説明でしたよね^^
ただ、村に伝わる幽霊伝説、みたいな感じでもあったので、敢えてさらっとした説明だったのかもしれないですね。

> 村人しか亡霊を見てないから、村の子供達ばかりが死んだんでしょうか。

ということは、あのままアーサーがロンドンに帰っていたら、ロンドンでも子供達が死んでいたんでしょうか?
ちょっと気になりました><
ただ、館に立ち寄る噂が立つだけで村中の人から避けられるなんて、可哀相ですね;

> ラストの展開が読めたし、怖さはイマイチでしたね。

そうなんです、読めてしまったんです…
あれ、まさか???→やっぱり、みたいな;
ちょっと残念でした;
勝手に先を読んで、勝手に正解して残念、っていうのは失礼かもしれないですが…orz

改めてのご訪問、ありがとうございました!
嬉しかったです><

Comment Form

管理者にだけ表示を許可する

Trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ウーマン・イン・ブラック 亡霊の館

ゴシック・ホラーの雰囲気はいいよね・・・ ダニエル・ラドクリフくんの演技がどうも残念で・・・ THE WOMAN IN BLACK 監督:ジェームズ・ワトキンス 製作:2012年 イギリス